株式会社近藤建設社長近藤誠人のオフィシャルブログ

仕事はじめ。

明けましておめでとうございます。

 

今日から仕事はじめです。

 

s-IMG_4814.jpg

 

 

 

天気も良く清々しい気持ちで仕事をはじめることが出来ました。

 

 

 

 

今年も皆様のご希望に添えれるように精進致しますので本年も宜しくお願い致します。

 

 

 

年末年始のお知らせ

 

誠に勝手ながら平成30年12月29日(土)から平成31年1月6日(日)まで休業とさせていただきます。

 

☆平成31年1月7日(月)8:30より通常営業致します。

来年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

C値の測定結果。

W邸(ZEH住宅)のC値(住宅における相当隙間面積)の測定を行いました。

 

このC値は値が小さいほど住宅の隙間が少なく、気密性が高い住宅であることを表します。

気密性とは住宅の熱効率や省エネルギー効率に影響します。

床や壁の断熱効果と気密性が高いほど冬は熱が逃げないので暖房効率が良くなり、夏は空調の効きが良くなります。

 

例えば、延床面積が40坪(132m2)の場合ならC値が5.0㎝²/㎡なら相当隙間面積は660㎝²(はがき約4.5枚相当の隙間)C値が2.0㎝²/㎡なら相当隙間面積は264㎝²(はがき約1.8枚相当の隙間)となります。

 

C値は1.0㎝²/㎡以下であればカナダの省エネ基準と同じとなり、0.7㎝²/㎡以下であれば優れた高気密高性能住宅と言われています。

 

s-IMG_4687.jpg

 

 

 

まずは測定装置を設置します。

 

 

この測定装置はファン(送風機)で建物内の空気を外に排気して室内の気圧を測定します。

「外に出した空気の量」「室内と外気との気圧差」を測ることで「隙間面積」を計算します。

 

 

 

 

s-IMG_4759.jpg

 

 

 

ファンが回り数分もすれば測定結果が出ました。

 

 

C値=0.38㎝²/㎡ 

(表示は繰り上げで0.4㎝²/㎡)

 

 

 

 

なかなかの数値が出ました。

これも大工さんの努力と優れた施工技術の賜物であり、僕のきめ細やかな施工管理の結果でもあります(笑)

 

隙間の面積を計算すると・・・

143.93㎡(延べ床面積)×0.38㎝²/㎡(相当隙間面積)=54.69㎝²(総相当隙間面積)

(表示は繰り上げて55㎝²)

 

 

この住宅全体で名刺サイズ程度の隙間しかないと言うことです。

 

 

C値は0.38㎝²/㎡

UA値は0.42W/㎡K

BELS評価は☆☆☆☆☆(☆5)

 

どんな高気密高性能住宅になるか完成が楽しみです!

 

吹き付け発砲タイプ断熱材。

 

順調に工事が進んでいるZEH住宅のW邸です。

 

 

s-IMG_4444.jpg

 

 

屋根裏に現場発泡吹き付けウレタン断熱材アイシネンLDフォームを吹き付けました。

 

この断熱材は低密度ウレタンでありながらも非吸水性が高く、柔軟性や形状安定性が優れ断熱欠損による結露やカビを防ぎます。

 

また構造体に追従するので剥離や脱落の心配もありません。

 

 

s-IMG_4449.jpg

 

 

 

 

吹き付けがウレタン作業が完了するとこんな感じでモコモコになります。今回の吹き付けの厚みは200mm!

 

 

 

屋根裏の高い断熱性と気密性を約束します!

 

 

 

 

 

 

降水確率。

 

今日からW邸の土台敷きです。

昨日の天気予報では曇りのち雨・・・マジか!

降水確率70%・・・勘弁してよ。

 

雨養生はしてましたが、作業中に雨が降ると困りますよね。

 

作業を延期するか・・・小雨なら決行するか・・・悩みながら不安な朝を迎えましたが・・・。

 

 

s-IMG_4216.jpg

 

 

 

朝日が!

 

 

眩しいくらいに日が差していました。

 

 

 

これなら問題なく作業は出来そうです。

 

 

s-IMG_4226.jpg

 

 

 

 

 

 

天候に悩まされることなく本日の予定作業まで無事、完了しました。

 

明日から建て方です。

 

このまま順調に進むことを願っています。

・・・っが明後日の天気予報はまたもや曇りのち雨!

 

 

 

色づき始めた紅葉。

 
日に日に寒くなり、紅葉も色づき始め今日は近江八幡まで行って来ました。
 
 
s-IMG_7788.jpg
 
 
まずは、ラ コリーナ近江八幡へ到着!
 
 
 
初めて来ましたが、自然と調和した建物で広大な敷地にはメインショップ、フードコート、農芸、菜園ゾーンと分かれています。
 
 
滞在時間が少しかなく敷地全体を見ることは出来ませんでしたが・・・メインショップにあるお目当てのバームクーヘンだけは一番に確保しました。
 
 
 
 
s-IMG_7791.jpg
 
 
 
 
 
また、一粒のどんぐりから始まったラ コリーナ近江八幡の物語とたねやグループを知るツアーがあるそうで・・・
時間があれば次回、参加したいと思います!
 
 
 
屋根一面を芝で覆われ環境にも優しい建物、本当に素晴らしかったです。
 
 
 
 
 
s-IMG_7807.jpg
 
 
 
途中で水郷巡りで昼食を食べ旧竹林院へ
 
 
旧竹林院は元々は天生20年に比叡山延暦寺の僧侶の隠居屋敷として建立され、明治時代に資産家の方が所有されましたが、現在は大津市が所有されている建物です。
 
主屋は大津市指定景観重要建造物であり、庭園は大津市の文化財となっているそうです。
 
 
 
 
 
 
s-IMG_7809.jpg
 
 
 
 
 
 
 
主屋の2階からの景色です。
少しずつ色づき始めて綺麗です。
 
 
 
 
 
 
 
 
s-IMG_7815.jpg
 
 
 
 
一番の見どころは石畳に敷き詰められた紅葉の落ち葉ではないでしょうか。
 
自然の美しさと日本の四季を感じることが出来ます。
「あ~日本に生まれてよかった」と感じる瞬間ですね!
 
 
 
観光客も少なくゆっくりと紅葉を鑑賞するなら旧竹林院はお勧めです。
 
 
 
 

配筋検査。

 

現在、新築工事進行中の現場W邸(ZEH住宅)の配筋検査です。

 

s-IMG_3715.jpg

 

 

 

構造計算に基づいた配筋図なので補強筋や鉄筋径、配筋間隔など箇所によって違いがあり、配筋リストに細かい指示が出ています。

 

 

 

そんな細かいところも検査員の方が配筋リストと相違がないか確認・・・確認・・・確認・・・で問題ありませんでした!

 

 

 

 

 

無事に配筋検査を合格したので引き続き土間コンクリート打設へと作業を進めてきます。

 

安全なブロック塀。

 

基礎工事前に境界ブロック塀を新しく積替えました。

 

建物が出来た後になると狭い場所での作業で施工効率が落ち、建物への傷の原因にもなるので先行してブロック塀の作業を行いました。

 

s-Inkeds-IMG_3459_LI.jpg

 

 

大阪北部地震ではブロック塀の倒壊により悲しい事故もありました。

 

正しい知識でコンクリートブロック造のブロック工事の施工をおこない、また施工基準を遵守することが大切です。

 

ですが念には念を・・・

基準では縦筋の間隔は@800ですがここの現場では@400間隔で縦筋を入れています。

 

s-IMG_3463.jpg

 

 

 

 

 

 

横筋も入れてモルタルを充填。

 

 

隙間なく充填をすることも大切です。

 

 

 

 

s-IMG_3465.jpg

 

 

 

 

 

ブロックが積み終わりました。

 

 

 

ブロックの厚みが120mmなのでブロック6段までは控えは不要です。

 

最後に通風性のある目隠しフェンスを設置したら完成となります。

 

 

 

 

 

来月から基礎工事を着手しますので、また工事が進んでいく様子をご報告します!

 

1カ月待ちでした。

 

大阪府北部地震の影響でずれた瓦の修繕工事の依頼を受けていました。


足場を設置して屋根の調査等々で時間を要しましたが、工事の発注を頂き準備に取り掛かっている最中に台風21号と24号の上陸!
屋根からの漏水被害が多く、生活に支障のある建物からの応急処置待ちで着工が延びて延びて・・・1カ月待った末に工事着工です。



困っている方を優先的にっと待って頂いた発注者様には感謝致します!


他の建設会社さんに聞くと1カ月待ちなら早い方とか?

まだ手付かずの屋根もチラホラとあります。

 

 

s-27.jpg

 

 

 

工事前はこんな感じです・・・。

 

 

雑草が根強く生えて、瓦はずれています・・・。

 

 

 

s-IMG_3207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人さんが瓦を1枚ずつ外して直していきます。

 

 

雑草の根も丁寧に撤去していきます。

 

s-IMG_3280.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手間暇を掛けて漸く完了です。

 

 

瓦を補充し、葺き土も直して綺麗になりました。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3264.jpg

 

 

台風被害の修繕作業も少し先が見えてきました。



そして月末から始まる新築工事!

これからの求められる住宅性能を満たしたZEH住宅のプロジェクト開始です。

UA値は0.42 

BELS評価は☆☆☆☆☆(☆5)

期待に胸が高鳴ります!

 

 

UA値とは http://www.konasapporo.co.jp/energysavingstandard/ua.htm

BELS評価とは https://www.hyoukakyoukai.or.jp/bels/bels.html

 

次の日は晴天。

 

台風24号が過ぎ去った今朝は久々の晴天です。

 

気持ちがいい10月のスタートですが、またまた台風被害が・・・。

 

 

s-IMG_3126.jpg

 

そんな中、以前から工事が決まっていたブロック塀の改修工事が始まりました。

 

転倒・倒壊防止の為にブロック塀の高さを低くする作業です。

作業をする周囲を念入りに養生してから工事スタート。

既設のブロック塀にコンクリートカッターで切れ目を入れてブロックを倒して撤去していきます。

このままの天気で作業が進めばいいのですが、週末には台風25号が上陸とか?

 

 

もう台風は結構です!

この晴天が続くことを祈っています!

 

プロフィール

写真

近藤誠人
株式会社近藤建設 代表取締役

芦屋生まれの芦屋育ちです。
血液型はAB型ですが、よくA型に近いAB型と言われます。仕事以外の趣味は「食」「車」「ゴルフ」「旅行」で人生を謳歌しています。詳細はブログにて・・・。