株式会社近藤建設社長近藤誠人のオフィシャルブログ

芦屋の花火大会。

 

クソ暑い中、汗をかきながら第40回記念芦屋サマーカーニバルに行って来ました!

 

今年は友達家族と一緒に有料観覧席へ。

 

いつもながら大勢の人で大盛況です・・・なので余計に暑い。

 

そんな芦屋サマーカーニバルも40回目を迎えたそうでおめでとうございます!

僕も10年間ほど設営のお手伝いをしていました。

 

今の会場の前の時から・・・懐かしいです。

今も実行委員の顔ぶれも変わらず・・・懐かしいです。

今も会場の変わらない雰囲気と熱気・・・懐かしいです。

あの頃はスタッフの赤いポロシャツを着て、無線を片手にクソ暑い中走り回って・・・もう体力的に無理!

 

 

今年もいい場所で芦屋の花火を楽しませてもらいました。

 

s-IMG_6678.jpg

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6790.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6816.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い中、NPO芦屋市民まつり協議会の皆さんお疲れ様でした。

今年の花火も綺麗でした!

 

朝一番から。

当社のグループ会社である㈱ノイエステート(不動産会社)で管理をしているハイツの住人の方から朝一番で連絡がありました。

 

「天井から水が漏れています!」

 

それは大変だ!早急に対応をしないと!

 

午前中の業務を中断して現場に向かうと・・・

 

s-IMG_1579.jpg

 

玄関と廊下はビショビショ。

(写真では伝わりにくいですが、廊下全体は水に浸かっています。)

 

バケツで水を受けてくれていますが数カ所からの水漏れに対応できず玄関と廊下には水が溢れていました。

 

「マジで・・・これはヤバイ」っと心の声を抑え、調査へ。

 

まずは漏水がひどい天井のを捲ると・・・1発で配管を発見!そのまま調査を進めて行くと給湯管からの水漏れを発見!

 

s-IMG_1587.jpg

 

 

なんと給湯管(銅管)継ぎ目から水が漏れていました。

 

すぐに原因を発見出来てひとまず安心。

 

設備業者に連絡を入れてお昼過ぎには修理完了。

業者さんの敏速な対応に感謝です。

 

捲った天井やクロスの復旧手配も完了して住人の方も安心して頂きました。

 

 

今年一番の焦りを朝一番から感じました・・・。

 

工事完了しました。

6月1日から着工した東屋の外壁改修工事が完了しました。

 

 

外壁の傷んでいる箇所の補修と屋根の防水をおこない、その後綺麗に塗装をおこないました。

 

 

6月18日の大阪北部地震では芦屋も大きく揺れましたが建物には何一つ問題はありませんでした。

 

s-09a.jpg

 

 

この東屋は昭和23年に開設された芦屋海水浴場のバス停留所だったらしいです。(諸説あり)

 

 

 

 

公園の片隅にある小さな建物ですが歴史ある芦屋のシンボル的な建物です。

 

 

 

いつまでも芦屋市民の憩いの場としてあり続けて欲しいと願います。

6月のスタート。

 

今年の梅雨入りは早いようですが、いい天気でで6月がスタートしました。

 

s-IMG_1058.jpg

 

 

 

 

天気にも恵まれ今日から、芦屋公園の東屋外壁補修工事のスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_1059.jpg

 

 

 

 

 

 

遠くから見ると綺麗な建物に見えますがよ~く見てみると・・・。

 

 

 

s-IMG_1060.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

至る所に・・・・。

 

 

 

 

s-IMG_1061.jpg

 

 

 

補修をしないといけないところが多々あります(汗)

 

 

 

 

 

 

芦屋市民の憩いの場である芦屋公園の東屋を

以前と同じく、綺麗で安全な建物に直していきます!

 

 

 

 

 

 

新緑の季節。

暖かくなり、新緑がまぶしい季節になりました。

 

そうなるとちょっとお出かけしたい気分になりますよね!

 

前向きな気持ちにスイッチを入れたいのもあり、真言密教の総本山にして日本屈指のパワースポット高野山へ。

 

s-IMG_6337.jpg

 

 

 

 

奥の院ではに団体旅行の御一考さんと遭遇。

 

 

ガイドさんが諸大名墓群のところで説明をしているので一緒に聞きながら御廟延橋へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6354.jpg

 

そして女人堂へ。

 

 

 

ここには国宝に指定されている鎌倉時代後期の柱があるそうですが・・・帰って来てから知りました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6357.jpg

 

 

徳川霊台にも寄りました。

 

 

彫刻がすばらしいです。

写真ではわかりにくいですが像の彫刻もありました。

 

 

 

 

短い時間でしたが高野山全体からパワーをもらって充電満タンですが、ここ数日の俗世の生活ですでにパワーも減ってきたような気が・・・。

 

 

順調に進んでいます。

先月から着工した宅地造成工事の様子です。

 

土留めの重力式コンクリート擁壁が完成し、重機を2台投入して埋め戻し作業を行っています。

 

s-IMG_0695.jpg

 

 

土を戻しては転圧・・・土を戻しては転圧・・・の繰り返しですが重機との接触事故や転落がないように注意をしながらの作業です。

 

 

 

 

敷地内の不安定な時期を終えて完成が見えてきましたが、気を抜かず作業を進めていきます!

 

 

 

設立30周年。

 

お取引先である尼崎信用金庫の打出支店長さんとご担当者さんが来られて

 

「㈱近藤建設の設立30周年、おめでとうございます!」

 

パチパチっと・・・

 

???・・・少し悩みましたが、創業は45年で法人設立(㈱近藤建設)になってからは30年・・・あっ!!。

 

s-IMG_0461.jpg

 

 

支店長さん、ご担当者さんありがとうございます!

 

祝って頂いたこと、お花を頂いたこと、設立30周年目っと教えてくれたことに感謝致します。お気遣いありがとうございます!

 

すっかり忘れていました(笑)

 

45年前の創業時は「芦屋近藤組」で基礎工事や造成工事を手掛けていましたが30年前に「㈱近藤建設」に法人設立し社名変更してからは建築も手掛け、土木工事で45年、建築で30年の実績を積んできました。

 

 

これからも地元で愛され、求められる会社を目指して邁進してまいりますので、変わらぬお付き合いを宜しくお願い致します!

 

宅地造成。

神戸の東灘区を北へ北へと向かい急な坂道を上った行き止まりにある敷地の宅地造成工事の着工です。

 

現状での敷地高低差4m~5m!

 

道路側に重力式擁壁を設置し敷地全体に法面を設ることにより、高低差を無くして土砂がずれないよう、敷地の保全工事を行います。

 

s-IMG_0369.jpg

宅地造成工事とは・・・

 

↓こちらをクリックしてください。

http://www.city.kobe.lg.jp/business/urban/

residential_development/takuchizosei.html

 

 

噛み砕いて説明をすると、行政の許可を得てコンクリートで背の高い擁壁を作り敷地全体を安全に保つ工事が始まったということです。

 

 

危険な作業も伴いますが安全かつ適切な作業を心掛けて進めて行きます(^^ゞ

 

 

 

4月から心機一転!

新しい年度のスタートですね!

 

現場近くの桜も満開で気持ちのいいスタートが出来ました。

 

s-IMG_0172.jpg

 

 

年度末お引き渡しの現場も何とか工期に間に合い、ホッとしています。

 

 

次の新たな計画としてZEH住宅と高性能住宅の建築を予定しています。

 

新年度も心機一転!頑張りますので引き続きよろしくお願い致します。

 

 

 

 

広島で研修。

 

s-IMG_6099.jpg

 

 

 

大通りを路面電車が走る広島で研修会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6105.jpg

 

 

 

 

 

自分たちの地域で高断熱・高気密・高性能住宅・・・っというかこれからの住宅性能基準を満たした住宅を広めていきたいと考えている工務店さんの「集まり」=「研修会」に参加してきました。

 

 

これからの住宅性能基準とは・・・
長文になるのでお問い合わせを頂ければご説明します(*^^)v

 

 

 

s-IMG_6106.jpg

 

 

 

 

各工務店さんの課題発表です。

参考になる成功事例や困った事例など我々が共有し、工事に生かしていける大切な情報交換の時間です。

その中には当然、資金計画やお客様に説明しやすいツールの情報交換などもあります。

 

地域の工務店が協力をし連携と情報を共有することによって各会社の経験値を高め、これからの住宅性能を満たした安心で快適なカッコイイ住宅を広めて行きます!