株式会社近藤建設社長近藤誠人のオフィシャルブログ

講習会へ

 

既設住宅状況調査技術者の講習を受けに大阪へ。

 

この講習は既存住宅に係る「住宅の品質確保の推進等に関する法律」に規定する構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分における劣化等の状況を調査する技術者講習です。

 

s-IMG_7230.jpg

 

簡単に説明すると安全に良質な住宅を維持しましょうね!

きちんとお手入れをしているお家は安心して永く住めますよ!

お家を売るときに必要ですよ!

だから調査をしましょうね!

こんな感じです。

 

 

 

お家の調査が必要な場合があればお声がけください(笑)

 

 

 

 

久々の講習会・・・朝から夕方まで丸1日みっちり講習と最後の試験で疲れました。

 

3年後は更新講習を受講しないと・・・ツライ!

 

オンライン講座。

 

国土交通省からの重要なお知らせっということで・・・

省エネ法が2021年4月(予定)から適合義務の対象拡大と説明義務等々が改正されるそうです。

 

コロナウィルス感染予防対策として説明会はおこなわない代わりにオンライン講座となりました。

 

時間がある時にちょこちょことオンライン講座を受けています(笑)

 

s-IMG_6924.jpg

 

 

オンラインで該当する業種や項目をチェックすると必修講座が指定されます。

 

送られてきたテキストを見ながら講座開始です。

 

 

 

 

s-IMG_6929.jpg好きな時間に好きな場所で集中して話が聴けるのでオンライン講座はいいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

内容も分かりやすく丁寧に説明をしてくれています。

 

当社は既にZEHビルダーにも登録をしZEH住宅の施工事例もあり、UA値計算やC値測定も全戸で実施し省エネ住宅の取り組みを進めています。

 

今回のオンライン講座の内容はほとんど実務でおこなっていますが、全国的にみると省エネ住宅の普及は難しいようですね!

ドンドンと。

 

優待券をいただいたので第4回関西建材・住設EXPOの展示会へ。

 

同会場ではスマートエネルギーWeek2020とかAI・スマート住宅EXPOなど住宅に関する新商品や新しい分野の商談と技術相談などで沢山の人で溢れていました。

 

s-蜀咏悄 2020-09-10 16 10 51.jpg

 

 

 

駐車場には他府県ナンバーの車も多く来ています。

 

 

 

「クラスター感染しませんように・・・。」

っと願いながら会場へ。

 

 

s-蜀咏悄 2020-09-10 16 18 58.jpg

 

 

 

 

 

 

会場入り口では徹底したコロナウィルス感染予防対策で消毒と検温を済ませ会場内へ。

 

400社以上の会社が出展おり、商品の特徴を説明したりパンプレットを配ったりで大盛況です。

 

そこで気になるエリアが・・・それはスマート住宅と高性能建材です。

 

新しいスマート住宅用の商材や高性能建材の説明をたっぷりと受けました(笑)

技術の進歩ってすごいですよね!

乗り遅れないようにしないと!

 

ここ数年で住宅への考え方や価値観はドンドン変化して行きます。

それに伴い新しい商材がドンドン出来てきます。

こちらも経験と知識をドンドン取り入れこれから求められる住宅づくりに生かします!

 

勉強会から...お引き渡し。

 

先日は「第12回後悔しないための家づくり勉強会」を芦屋市民センター内で開催しました。

 

コロナウィルス感染予防対策のため参加人数も減らし、座席距離も十分に確保しての開催です。

 

s-IMG_6268.jpg

 

 

「資金計画編」から「基礎知識編」そして最後に当社が取り組んでいる高気密・高断熱住宅についてご説明をさせていただきました。

 

 

 

2時間ぐらいの勉強会になりましたが、終わった後も様々な質問をいただき、第二部はざっくばらんな相談会になりました(笑)

 

 

 

 

s-IMG_6418.jpg

 

 

 

 

また、以前に勉強会に参加いただいたお客様の新築工事が終盤に近づきました。

 

 

土地探しから建築まで1年少々時間がかかりましたが、今週末にはお引き渡しとなります。

 

 

もちろん、高気密・高断熱住宅の住宅です!

 

詳しくは、施工事例でご紹介します。

家づくり勉強会を開催します!

 

第12回・13回後悔しないための家づくり勉強会を開催します。

 

詳しくは↓

勉強会チラシ.pdf

 

 

すでに数名の参加のご連絡を頂きました。

ありがとうございます(^^♪

 

お時間のある方は是非、是非ご参加ください!

緊張!

 

 

新築工事の中間検査の様子です。

 

 

 

s-1.jpg

 

 

設計士さん立ち合いのもと第三者検査機関の方の中間検査です。
耐力壁は間違いなく配置されているか?
構造用金物は指定の位置に正しく取り付けているか?

外周部の合板釘ピッチは間違いないか…などなどの現場検査です。

 

もちろん!間違いなくやっていますが、なぜか緊張します(笑)

 

 

 

s-IMG_5349.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そして気密測定です。

 

これはこれで緊張します(笑)

 

 

 

 

s-IMG_5346.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

機械を設置して測定です!

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_5359.jpg

 

 

 

 

 

 

測定結果は・・・0.18c㎡/㎡

(表示は繰り上げで0.2㎠/㎡)

 

計算すると

延床面積101.02㎡×C値0.18㎠/㎡=18.1㎠(隙間面積)

となります。

 

要は隙間のないお家っということです。

 

 

 

なぜ気密測定が大切かわかりやすく説明をしているサイトがあるので興味のある方はどうぞ。

https://note.com/seyama_akira/n/nb821d82b7308

 

今回は大工さんの提案である工夫をしてみました。

それがよかったのかいい数値が出ました。

大工さんの技量と提案のおかげですね!

 

僕は中間検査以上の緊張をしましたが(笑)

雨が続き...。

 

今年の梅雨はよく雨が降りますね…。

 

熊本と広島では豪雨被害で河川の氾濫もあり、お亡くなりになられた方もおられます。

心よりお悔やみを申し上げます。

 

梅雨があければ台風ですよね…。

またまた雨が続きそうで…。

確りと備えておきましょう!

 

 

新築工事の現場も雨が続き困っています。

 

s-IMG_4648.jpg

 

 

 

屋根は改良アスファルトルーフィングを張ったままですが…これが優れモノで通常の雨では雨漏れはしません。

 

よく瓦や屋根葺き材が捲れたり、飛んだりするとすぐに雨漏れをすると思われますが、もしもの時はこのアスファルトルーフィングが雨からお家を守ってくれます。

 

 

s-InkedIMG_4738_LI.jpg

 

 

 

 

 

 

外壁にはブルーシートを張って雨養生です。

 

これで室内への雨の進入を防ぐことが出来ます。

 

 

 

 

s-IMG_4769.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内はこんな感じで、多少の雨は気にせずに作業を進めることができます!

 

 

 

 

 

 

 

ですが…他のお家の雨漏れ修繕依頼が例年より多いです。

長雨の影響や集中的な豪雨が増えたのが原因かも知れません。

 

早く太陽を拝みたいです(笑)

晴天!

 

新築工事H様邸の建て方の様子です。

 

週間予報では曇りでしたが・・・晴天!

 

しかも日差しが痛いぐらいの晴天です(笑)

 

s-IMG_4347.jpg

 

 

 

天気がいい日の建て方は気持ちがいいですね!

 

 

だんだんと形になってくるとワクワクします!

 

 

 

s-IMG_4384.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の梁組の様子です。

 

こういう作業は一つ一つ大工さんの手作業でおこなっていきます。

 

 

 

 

s-IMG_4452.jpg

 

 

 

 

 

 

 

    無事に上棟!!

 

2階部分が張り出していてカッコイイ!!!

 

 

 

 

s-IMG_4544.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨時期の建て方で不安もありましたが、日頃の行いのおかげ??

 

もあり無事に雨養生まで完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからが工事本番ですね。

 

気を引き締めて、9月のお引渡しに向けて頑張ります。

 

梅雨入り。

 

近畿地方も梅雨入りになりました。

 

今年は梅雨入りが早く雨量が多いとか・・・。

 

現在、新築工事中の現場は晴れている間に基礎のコンクリート打設が完了してホッとしています。

 

 

s-IMG_3720.jpg

 

 

 

コンクリート打設の様子です。

 

 

道路使用許可と占用許可を得て道路にポンプ車とミキサー車を設置。

歩行者や車両の安全を考慮して誘導員を2名配置しコンクリート打設開始です。

 

 

s-IMG_3727.jpg

 

 

 

 

 

 

材料が分離しないようにゆっくりとコンクリートを流し込みます。

 

 

 

鉄筋に当てないように適度の間隔でフレシキブル型のバイブレーターを差し込み、振動で気泡の脱泡をおこないコンクリートを締め固めます。

 

 

 

 

s-IMG_3748.jpg

 

 

 

品質管理として荷下ろし時のコンクリート受入検査をおこないます。

 

これはコンクリートに指定した通りの流動性と柔らかさがあるか「スランプ検査」(写真右)と有害な塩分が含まれていなか測定する「塩化物測定」(写真左中央)また適正な量の空気が含まれているか「空気量の測定」(写真左上)と「コンクリート温度測定」(写真左下)そして1週間後と4週間後におこなう「圧縮強度試験」に用いるテストピースを採取しました。

 

 

 

s-IMG_3836.jpg

 

 

 

 

土間コンクリート打設後は基礎立ち上がりコンクリート打設です。

 

 

基礎と土台を繋げるためのアンカーの出幅をスケールで確認をしていきます。

 

 

 

 

s-IMG_3837.jpg

 

 

 

 

水糸を張って基礎の通りの確認とアンカーの寄り(位置)の確認もおこないます。

 

 

暑い中、現場で作業をする職人さんも大変ですが現場管理や品質管理も結構大変ですよ(笑)

その積み重ねがいい家づくりに繋がると思っています。

 

 

 

 

 

 

6月末には上棟(建て方)の予定です。

今のところ月間天気予報では曇りです。

 

僕の日頃のおこないから考えると・・・晴天やな!

 

 

10年点検。

 

10年前にお引渡しをした芦屋市内あるお宅の点検に伺いました。

 

s-IMG_3828.jpg

 

 

 

 

 

点検チェック項目に従って建物の外部と内部のチェックです。

 

チェック項目はかなり細かいです(汗)

 

 

 

 

 

s-IMG_3819.jpg

 

 

 

 

 

 

 

まずは外部の基礎の状態です。

 

クラックもなく状態は良好です!

 

ついでに確認をした犬走りのコンクリートも問題ありません。

 

s-IMG_3823.jpg

 

 

 

 

 

 

続いて外壁です。

 

これもクラックや剥がれなどなく状態は良好です!

 

サッシ回りも問題ありません

 

 

 

s-IMG_3827.jpg

 

 

 

 

 

 

続いて内部です。

 

床鳴りやサッシと建具の開閉などチェックし衛生設備器機も入念にチェックしましたが状態は良好です!

 

ここのお家はホームエレベーターを設置しているのでエレベーターの調子も要チェックです!

クロスの捲れもなく内部も問題ありませんでした。

 

 

 

 

 

無事に10年点検も終わり、問題もなくホッとしました。

 

ですが・・・今は何もなくてもこれから出てくる可能性はあります。

引き続きメンテナンスとアフターフォローを頑張ります!

プロフィール

写真

近藤誠人
株式会社近藤建設 代表取締役

芦屋生まれの芦屋育ちです。
血液型はAB型ですが、よくA型に近いAB型と言われます。仕事以外の趣味は「食」「車」「ゴルフ」「旅行」で人生を謳歌しています。詳細はブログにて・・・。